HAPPINESS✿笑顔の花を咲かせたい

2016/12発覚した稀少癌「卵管がん」(卵巣がんのお仲間)のこと✿日常生活を通して感じたことを気ままに綴っています。

f:id:k-mahina-h:20201107180131g:plain立ち寄って下さってありがとうf:id:k-mahina-h:20201107180131g:plain

笑顔溢れる生活って素敵ですね。私は、人生の目標で一つだけ決めた事があります。たとえ今どんな状況にあったとしても「笑顔になれる種を蒔きながら歩んで行こう」って。その中の一粒の種がどなたかの心に光となって届き、ココロに蒔いた種が実を結び笑顔の花が咲きますように。波乱万丈な人生を支え続けて下さっている方々に、この場をお借りして「ありがとう!」と感謝を込めてお礼申し上げます。勝手気ままなBlogですがこれからもよろしくお願いします。

 

4/7「卵管癌」再々発抗がん剤治療 2 of 6 治療2日目

f:id:k-mahina-h:20210408071651j:plain




おはようございますf:id:k-mahina-h:20210131183026g:plain


今日の空は
晴れているのだけど

何だか薄っすらと白っぽい

最高気温は予想では18℃
暖かい一日になりそうですね




f:id:k-mahina-h:20201121181201p:plain



すっかりと
ご無沙汰になってしまいました^_^;

書きたいことは沢山あるのですが
プライベートな事は
BLOGで公開するのが難しい事も
ありますね(-"-)

そして一時
手足の指先が痺れに加えて
痛みが強くなってきて
キーボードの文字の打ち込みが
苦痛になっていました

もし…
気に掛けて下さっている方が
おられましたなら
ごめんなさい。

私は
それなりに元気です♪



退院後の次週水曜日は
「ゲノム医療」を
受ける可能性があるために
その申し込みと
「ゲノム医療」担当医師の面談の為

YS病院へ行って来ました。

その次週水曜日も
抗がん剤の2週間検診の為
YS病院へ

そして昨日水曜日は
2回目の治療のため
再びYS病院へ行って来ました

大きな病院の特徴で
移動の為

担当医師が変わって
「はじめまして」だったのですが

以前の担当医師より少し若くて
元気の良い優しい男性医師でした

新しい職場の環境に慣れるまで
大変そうだけど
頑張って下さいね
私も頑張るから





4/7「卵管癌」再々発抗がん剤マンスリーT/C療法治療 2of 6 治療2日目


 
 
脱毛も始まり、副作用も落ち着いた頃なのに再び治療の日がやってきました。

一番の恐怖、点滴のルート取り。
担当のDrに、

「我儘なんですけど、ルート取りが恐怖になってきました。私の使える血管が残り少なくなってきたので、初めから上手目な先生をお願いできないでしょうか?もう練習に使われたくないんです。」

と、ご相談を…Dr曰く、
「全然OKですよ!そのように言われる方沢山おられますから。化学療法室に行ったら、直ぐに看護師に伝えて下さい!」

何だ~言って良かったんだ~と一安心。療法室に入ったら直ぐに伝えましたよ~

今回も看護師さん詰所に一番近いベッドが確保されていました。以前にカルボプラチンでアレルギーを起こしてしまった事があるからです。

ベッド周りの整理をして、ベッド上でスマートフォンでニュースなど見ていたら、やって来ました。本日の担当看護師さんが、先生が来られましたと…
「宜しくお願い致します」とご挨拶したら、
「出来るだけ、やってみます!」とのお答えが返ってきました。色々血管を探っているうちに、付き添っている担当看護師さんに
「赤外線・・・???使いましょう」と…

多分、これのような
ベインビュア フレックス

www.terumo.co.jp


先生が腕に当てると、血管が見えています。凄い!そして、ここで行きましょうと。
看護士さんが秘密兵器ですと言いながら器具を持って照射します。先生が針を差します。一発で決まりました!

やった~良かった!!!

「先生凄い!」と思わず声がでました!看護師さんも先生も思わずにんやりと。皆が共に喜ぶ最高の瞬間♡
心の中で、こんな便利な器具があるならなぜいつも使わないのかしら?と思いましたが、使わないのには事情があるからなんだ、今度担当Drに聞いてみようとその場をやり過ごしました。

でも…その喜びもパクリタキセルが終わるまでだったのです。

その後に注入されるカルボプラチン。始まって30分位経ったでしょうか、担当看護師さんではない別の看護師さんが様子を点検にきました。
「針の部分が腫れてる気がするわ」と。
見て見ますと、確かに少しですが、ぷっくらしています。そして、その下に1㎝四方の赤い部分が2か所あります。
「一旦止めますね」と先生を呼びに行きます。若い本日担当の男性医師が飛んできました。私の以前の資料画面をパソコンで、確認していますと、看護師長さんが来て、
「先生、差し替えしましょう」と。

流石、看護師長さん強い!現場を取り仕切ってる経験が物をいうのですね。
担当看護師さんが心配そうな顔で
「まひなさん、ごめんね。差し替えしないと」

一発で決まりました!凄い!

次の点検15分後位の時点で以前差した箇所は、かなり症状は消えてきたはずなのですが、その後新しく差した箇所に再び同じ症状が出始めました。
又、差し替えです。

看護士さんに渡された秘密兵器で、確認し場所が決まったのか、秘密兵器を看護師さんに渡しさっと針を差しました。その後、数人の看護師さんが集まり、点滴が上手く落ちる位置を探して針を動かします。ここで良いと言う位置に針をテープで固定して下さいました。これから更にⅠ時間半で終わりです。通常ならⅠ時間で終わるカルボプラチンですが、アレルギーがある私の場合2時間掛けてゆっくり点滴液を落とします。

今日も長い一日でした。
7:45  タクシーで病院まで
8:10       採血室にて順番待ち(8:30開室まで)朝一番は結構混んでるが30番でした。
    診察は9:30~10:00ですが、検査に時間が掛かるためⅠ時間前までに採血を。
8: 45       婦人科で受付
9:30        診察後、OKがでたので、化学療法室へ向かいます。
10:00      化学療法室     
10:10      治療スタート
17:40     治療終了後 タクシーにて自宅近所調剤薬局へ明日から必要なお薬と湿布調達
18:30     帰宅

 

今日の体調

朝4:30頃、体中の血が逆流しているような感覚で目が覚めた。何だろ?そうだ!今日は治療後だったと気が付きました。それでも、副作用は全く感じず過ごせています。むしろステロイドのお蔭か?元気が出てきました。このステロイド、食欲を増進させる効果も出る人がいるようで、私がその一人なのですが、気を付けていないと体重増加を招くことに(-"-)
化学療法の治療中は、あとで現れる副作用を軽減させたり、予防したりする飲み薬(吐き気止めやむくみを予防するステロイド薬など)が使われます。

副作用が出てくるのは、多分早ければ今日の夜からぼちぼちと…寝る前にカロナールを飲んで湿布を貼って備えておこうかな?




f:id:k-mahina-h:20201107180131g:plainf:id:k-mahina-h:20201121181201p:plainf:id:k-mahina-h:20201107180131g:plain 


 医療従事者の方々はじめ
私達の生活を支えて下さっている
皆々様に
心から感謝申し上げます。
ありがとうございます
 
l06.png
 
お立寄り頂きまして
ありがとうございました。
今日も皆様にとって
幸多き一日となりますように。  

f:id:k-mahina-h:20201115205837p:plain
           
f:id:k-mahina-h:20201107180131g:plainクリックして頂けたら幸いですf:id:k-mahina-h:20201107180131g:plain